スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

「ひと恋 最終話」

►2006/12/16 23:03 

とうとう終わってしまいましたね・・・
私・・・泣きませんでした
どんな風に終わっても、受け止めようと思ってTVの前に座りました

いつも探し物をしてるんだ・・・

ここに繋がっていたんですね
最後に大切な 探し物 見つかってよかった・・・
もう、探さなくていいね
その手を離さないで、幸せを2人で捕まえてね



最初は、弘人が切なくて・・・
2人のお母さんが切なくて・・・

”幸せになれよ”
”最後の最後でそうやって人の心の中かき回すことすんな”
”大丈夫・・・大丈夫・・・頑張れよ”
”菜緒・・オレ別にたのしくねぇよ・・・必死こいてこうやって自分作ってんだ”
”好きだったよ・・・知ってる・・”


言えない今の気持ちを心の中に隠して、2人が何かを探しているように見えた
自分の気持ちは言えなくても、相手が何か言ってくれるのを待っている
でも、言えない・・・
言って欲しい・・・言ってはくれない・・・

菜緒、大人になったね!
気持ちを思っていることをストレートに言っていた菜緒が言えないでいる
大人になるって良いことなのかな?
分からないけど、奈緒は大人の階段を上っていたんだね

奈緒のお父さんとお母さんの会話・・・
いつか自分もこんな風に思うなかなぁ~子供が大人になること、嬉しいけど寂しい・・・私、奈緒のお母さんみたいに思えるかな?
私も成長しなきゃ!と思いました


奈緒の家にて・・・
ホントに時間が過ぎたみたいに、5人が大人になったように見えた
イガイガのことで、ケンカする弘人と奈緒
初めて、弘人が自分の気持ち伝えたよね・・・
今まで感情押し殺してた弘人が奈緒に対して伝えた
”弘人はちゃんと人を好きになるなんてできないんだよ”
その後の弘人の顔がすべてを物語ってました
”あの時ちゃんとお前を好きだったよ!”
悲しくもあり、寂しくもあり、愛しくもあり・・・
奈緒も分かってたはず・・・でも弘人に止めて欲しかったのかな?
行くなって・・・


最後まで甲はかわいかった♪
裕子とはうまくいかなかったけど、甲が幸せ掴んでうれしかったよ!


奈緒の手紙・・・
奈緒のナレーション初めてかな?
ずっと弘人のナレーションだったから、新鮮でした

バス乗り場で”よぉ!”いいなぁ~
友達っていいね♪

バスを降りて・・・
”だって・・・だって・・・”
”前だったら無理だったけど・・・今だったらその壁っか・・一緒に超えられねえか?”

3年前船上で弘人に言って欲しかった言葉だよね!
”一緒に・・・”
”でも、いつも一緒だから・・・”

このシーンはかわいくって!2人がホントにかわいくって!
幸せなときって回りも幸せにできるんだね!
演技ではなく、本当に2人が幸せにな気持ちでいるんだって思いました
その2人を見ていた3人が幸せそうで・・・よかった!
本当に幸せになれてよかった・・・


”僕は君といると探し物ばかりしてるんだ”

このナレーション・・・取り直してるよね?
前のときとは声の感じが違うと思った
弘人が微笑みながら、幸せそうに言ってる映像が、私の頭も中に浮かんでいました


「たったひとつの恋」が「たったひとつの愛」に変わりますように・・・



みなさん 本当にお疲れさまでした・・・
心身ともにお疲れだと思います
このドラマでとても心があらわれたようです
私にとって「たったひとつの恋」それはきっと旦那様です
忘れかけていた、今ある幸せを大切にしていきたい・・・
そう思わせてもらったこと感謝しています
ありがとうございました





広~い心で押してください(笑)

スポンサーサイト

たったひとつの恋Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

言葉にならない・・・

►2006/11/25 22:32 

今まで「ひと恋」見てました

胸が苦しくて・・・言葉にできません・・・

何から書いていいのかわからないんです

弘人と菜緒、親、兄弟、友達 どれも順番なんてつけられない

気持ちが痛いくらいに伝わって・・・

ホントに心が痛いです

こんな気持ちで1週間を過ごさなければいけないなんて・・・

苦しい・・・












また、落ち着いたらレポしようと思っています

今夜はとうていできそうにありません・・・









広~い心で押してください(笑)

たったひとつの恋Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

「ひと恋」 第6話

►2006/11/19 13:04 

弘人が街を彷徨う姿がきれいです

お兄ちゃん・・・偏見だよ・・・
「うちとは違う」って何?!何が違うの?!人を好きになるのにそんな身分とか関係ないでしょ!
弘人は今を一生懸命に生きてる。それってなかなか出来ないことだよ
今しなければいけないことを、ものを、出来る限りの力で守ってる
わかってほしいな・・・

弘人のケガを見て何も言わずに肩を”ぽんっ”と叩く甲の優しさは、聖に見えたよ

「大事じゃないもののために、大事なもんなくしたらダメだよ!」
素直になりたいけどなれない裕子に、ストレートな言葉・・・今は余計に心に響く

「イルミネーション見に行かない?」のあとの2人で顔見合わせての笑顔が素敵だった・・・
”乾杯”は小さな幸せだけど、2人が本当に今幸せを感じてるんだなぁ~と思えた

「ちゃんと言って・・・」
「好きだよ」
「・・・うれしい・・・」

この「好きだよ」の声のトーンにやられました
低い声で、囁くように言われたら・・・
ぎゅーーーーーーーーーーーーー!と抱きしめたくなる

「ドキドキしてる・・・心臓!」
「そうゆうこと言ってると、ヤっちゃうよ!」
「・・・いいよ・・・」
「・・・やめとく」
「なんで?!」

ヤっちゃってください!私と(爆)
何人の方が思っているんでしょう(笑)
菜緒も「なんで?!」って聞くか?????
あれだけ、囁かれて、kissされて、包まれて、耳触られて、愛されたら・・・体が疼くでしょう・・・普通の女なら
弘人は自制が効くんだね
20歳の男なら、行くでしょう
愛する人を大事にしたい・・・・かな?

「子供たくさん欲しいんだ・・・うん・・それで野球やる」
「へぇ・・・いいね」
「参加する?」
「えっ!」
「俺の将来・・・参加する?」
「あぁ・・・・・・・・」

弘人くん!プロポーズですか???
このあとに「いいんだ・・」て言いながら少し寂しそうな顔してる
菜緒の気持ちに気がついてないね・・・
男の人のはわかりにくいかな・・・

山下に会いに行ったとこからずっと泣いてました

弘人の決心・ゆるがない愛
菜緒の動揺・ゆるぎない愛


事実を確かめたい気持ち
違うと言って欲しい・・・可能性はあると・・・言って欲しい
辛いよ・・・誰かに間違いだと言って欲しい気持ち痛いほどわかる
でも、現実は待ってはくれない
受け止めるまでの時間が長い
同じ1秒でも、まったく違う1秒
「自信ないな・・・全部言う自信ない・・・」
弘人は受け止めてくれるよ・・・大きな愛で・・・
菜緒に伝えてあげたいくらいに、号泣でした

「騒ぐな・・・騒ぐな!

甲とあゆたの表情がよかった

「なんでもねえんだ・・・なんでもねえことにしねえと、あいつに会えなくなるんだ・・・菜緒に・・・菜緒に会えなくなるんだ・・・頼む大事にしないでくれ」

弘人・・・弘人・・・弘人・・・・・・・・・・
こんなに好きなのに、愛してるのになんでだろう

お兄ちゃん!心配なのはわかるけど・・・自分の目で見て弘人がそんな男に見えますか?
最愛の妹が選んだ人が、そんな男に見えましたか?

あゆたの優しさはどこに繋がるの?
弘人と菜緒の障害にはなってほしくない

お父さんはお兄ちゃんよりわかってくれるのかな?
弘人、試されてるよ
”子供が産めない・死ぬかもしれない”
弘人の愛はゆるがないよね・・・








亀梨和也さま

あなたはどうしてこんなにも私を魅了するのでしょう

いつも違うあなたを見るたびに若かったときの自分に戻り胸をときめかせています

苦しいくらいに・・・

今、心安らぐ場所がありますか

なにもかも忘れることのできる場所が

私には与えることの出来ない場所だけど

そんな場所が小さくてもいいあなたにあって欲しいと思います

子供のように笑える場所が・・・









広~い心で押してください(笑)

たったひとつの恋Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

胸が苦しい・・・

►2006/11/19 00:05 

今まで永遠とリピをしてました

萌え死にしたり、号泣したりと忙しい1時間でした

船の上でのシーン!
弘人の低い声・・・菜緒の耳を触る指・・・髪にkiss・・・

狂おしいほどに弘人が素敵でした

あの指は反則です!!!
あんなこと経験ないとできませんよ~!!!!!絶対!!!
男の人って、耳障りますよね~!えっ?!触らない?!?!
えりのお付き合いした方は、触りましたけど(苦笑)
なもんで、自分に重ねてしまいまして・・・
萌え死にです(爆)

旦那様はピアスがあまりお好きでないので今はしてませんが、ピアスって触ると癖になるって若かりしころに言われた記憶があります(汗)

亀ちゃんもそうなのかなぁ~なんて思ってしまいました


山下とのシーンはすごかった・・・
何度見ても泣いてしまいます
「自分はどうなってもいい、菜緒を守りたい」そんな気持ちが溢れてて胸が苦しくなります


子供が授からない・・・

女にとってこれほどの苦しみはありません
私も経験しました
ましてや、愛する人がいてその人の子供を産みたいと思ったときの苦しみ
自分を責めても仕方がないのに、気持ちの行き場がなくて自分を責める
そんな日々を2年過ごしました

だから、菜緒が病院で泣いてるとこは悲しすぎて辛すぎて号泣でした

私はありがたいことに2人の息子を授かりましたが、可能性が低いだけで、どれだけ苦しいか・・・
ここは辛かった・・・



でも、菜緒のお父さんに体のこと言われたときの弘人は事実を知ったショックよりも菜緒に「子供がたくさんほしい」と言ってしまった自分を責めているように見えた


そうだね・・・あの辛い日々は旦那様も辛かったんだなぁ と思いました

今夜はいろんな感情が混じって眠れそうにないです



他のとこはまたゆっくりレポしたいと思っています
って、かなり書いたけど(汗)




広~い心で押してください(笑)

たったひとつの恋Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

「ひと恋」 第5話

►2006/11/12 16:43 

第5話は私的に 「青い宝石」 と言ったとこでしょうか。

映像も全体的に青い感じでした。

青春の青さ・・・

とでも言いましょうか。

カフェで手を重ねて「末永くよろしく。」
高校に忍び込む。
マウンドに頭を乗せて過去に思いを馳せる。

素敵な青春です


今回はやっぱりキスシーンでしょうか?!
パンツもよかったですよ(笑)
でも、リピるのはキスシーンでした。

「いい?」
「いいよ。」
この時の、”いいよ。”すっごくかわいかった~
あんな風に言われたらキスしたくなるよね!
うつむいてる下から、kiss・・・・・・・・・・

すごく素敵なシーンでした


ケンカのシーンは、菜緒に覆いかぶさって菜緒をかばおうとする弘人に胸キュンです。
どんなことをしても、菜緒を守ろうとする弘人は最高に素敵でした

「お兄ちゃん・・ごめん・・・」
エレベーターを閉めて弘人の元に向かう菜緒
弘人と同じでどんなことをしても、弘人への愛が薄れることのない菜緒
こんなにも1人の人を愛せるのは幸せですね!

「弘人のこと、あきらめないから!
 何があっても!どんなことがあってもあきらめないから!」

すごい・・・
ホントは怖くてどうしようもないはずなのに
弘人を一人にしないで、自分の気持ちを伝えることができる菜緒は本当にすごいです

弘人のナレーションを聞いていると、菜緒が今はこの世に存在していないように感じます。

まるで、過去の愛を語るように・・・
今でも消えることのない過去の愛を・・・


悲しい結末なのかな?

タイタニックの青い宝石

最後は彼女の手で海に返されました

二度と手にすることの出来ない深い海底に・・・

弘人と菜緒

二人の愛は深い海底に沈まないことを祈りたい






広~い心で押してください(笑)

たったひとつの恋Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。